ニュース解説 仮想通貨 相場分析

10/28〜週の相場分析&ニュース解説

投稿日:

 

 

おはこんにちばんわ!
ニャーさん(@zenbariman)でつ。

 

あっという間に10月も終わりですね!
ここ最近のハロウィン🎃フィーバーに付いて行けないのは歳のせいでしょうか?笑

 

もともと陰キャですから。笑
パリピが苦手なだけ説あるなあ。

 

そんな話はさて置き!

 

相場の方は・・

いや、いつまでBREXITやってんの?爆

もはや合意あろうが無かろうがどうでも良くなってきたのである。

こんなんだからBTCに浮気しちゃうんだyo!!
(ありがとう爆益でした)

 

とりあえずカオス相場の様相になってきました。
株が強すぎるかと思えばドル円は伸び悩みGOLDも強い・・

リスクオンなのかオフなのか。

 

全部ボ○ジョンのせいだ!爆

 

2週ぶりだから鬱憤溜まってるんですかね?
サクッとニュースのおさらいから行きまーす♪

 

気になるニュースまとめ

ブレグジットの行く末は??

 

なかなか手強いですなあ。
EU側との合意報道でようやく決着着いたと思ってたのに・・

 

最新の流れを整理しますと、

28(月)離脱期限の延期の決定(これすら延期になる可能性もw)
→31日までに延期の承認なければ合意なき離脱へ
(確率は激低)

→延期を承認
この場合、延期期限が焦点となり、
・短期延期を認める形となれば早期の合意期待からポンド買い加速?!
・短期延期は認めずの場合、これまでの予定通り3ヶ月の延期となる(また振り出しに戻る感からポンド売り反応?!)

 

英議会の方は、

ジョンソン首相が12/12の解散総選挙を提案
→その採決が28日に
コービン労働党党首は合意なき離脱の可能性が完全に排除されるなら解散総選挙を支持

合意なき離脱の可能性を残したまま労働党も解散総選挙を認めないという流れの場合はポンド売り加速?!

 

まあザックリとこんな感じです(>人<;)
しっかり情報追ってないとややこしいね。

なんやかんやで合意なき離脱は回避される可能性はかなり高いと個人的には思ってるので、長期的に見ると買い場をどこまで許容するか?
という感じですね。

今すぐどうという事では無いので方向感定まった時に落ち着いて付いていくのが無難かなと思います。

 

 

ECBは現状維持を発表&最後のドラギナイト

https://twitter.com/Min_FX/status/1187356943553159169

 

先週木曜日はラストドラギナイトでした。
考えればいつもお世話になっていたなあと。笑

 

女性記者の乱入騒ぎも懐かしい思い出。
仲間とこのネタでワイワイした記憶が蘇ります。
今回のECBでは金利も据え置き、その後の発言でも特に大きい材料は出ませんでした。

ラガルド次期総裁によるラガルドナイトも今後楽しみにしておきましょう♪

 

 

BTC暴落後、習近平発言で切り返し大暴騰

 

はい。
ここで突如仮想通貨ネタ投下です。

 

まずは23日の暴落要因がコチラ

https://twitter.com/JpCointelegraph/status/1188243915490512897

 

量子コンピュータがBTCのセキュリティを凌駕すると報道されるとBTC相場が急落。

 

その後、BFの加納祐三氏が反論

 

僕個人も7500ドルという節目は大注目してたので、近しい仲間には優しく買いを煽っていましたよ。笑

 

で、週末にかけての暴騰要因はコチラ

 

やはりBTCはチャイナマネー次第かなという感じがしますねえ。

押し目なく一気に10300ドル付近まで上昇、しかしその後は失速、9000ドルまで下押してきてます。

 

最新のBTCチャート

日足

 

やはり嵌め込み相場なんだよなあ。
こんな相場長期で持ってられないww

でも個人的には大底付けた感もあり、年末~年明けぐらいはまた楽しみかな~と思っております!

前置き長すぎですが、ニュースのおさらいはこの辺にして相場展望へ参りましょう。

 

 

今週の相場戦略

 

為替の方は引き続きポンド絡みの神経質な値動きに加えて30日GDP速報値からの~FOMC11月1日雇用統計、先月急落のキッカケとなったISM製造業などとエース級の指標がズラリ(・∀・)

先週ほぼ動きなしのドル円も流石に動き出しそうな予感がしてます。

FOMCでは利下げが織り込んでる中で、パウエルさんがどのような姿勢を示すか?という点は注目です。

 

で、肝心の戦略は・・

 

 

出たとこ勝負になりそうです。笑笑

 

 

いや基本的には予想したって意味ないんですよ。
出来た流れについて行くが正解なので。

 

とは言え株に関しては上値張り付き状態で手が出せないので押し目を待ちたいところ。

FOMCで短期トレンドが転換しないかな~なんて思いながらチャート眺めることになりそうです。

米指標については先月の総崩れ(失業率は改善したものの)から考えて、いきなりポジティブ材料になるのは難しいかなと思っており、ドル円に関してはどこかでショート出来ないか模索してる感じです。

イメージだけですが、FOMCまで様子見ムードで横ばいor期待ジリ上げ→利下げ実施→セルザファクトで下落→トランプ激おこ&米指標悪化で更に下落

先月と同じくこんな流れを一応想定。笑

それでは主要ペアのチャート分析と、トレードプランに続きます。

 

USD/JPYチャート分析

日足

 

先週の値幅が50pipsとヤル気のカケラもありません。笑笑
セオリー通りなら抜けた方に付いていくなんですが、株の強さに対してやはり上値が重い印象です。
仮にレンジ上限ブレイクとなっても上のポイント109.60~110.00は相当意識されるゾーンなのでロングよりもショートに旨味を感じています。

 

 

4時間足

 

直近の上昇で109を付けきれていないというのが1つのポイントで、再度試しにくる可能性は十分あります。

しかしながら前述した通り上値で意識されるであろうポイント109.60~110が近いので、どちらかと言えば騙しブレイクとなり抜け潜りとなる所をショートという戦略をメインにしたい考えです。

 

タイミングはFOMC後を狙ってます。
下値のメドはまずは108.00、ここを割れると短期ロングストップ発動で一旦急落か?!
ただ107.50以下はサポートも強そうなので、レンジの間を抜いていくイメージのトレードが良さそうです。
ここら辺は実際の値動きを見ながらという事にはなるでしょう。

 

パワーは十分チャージされて来てるので決め打ちは絶対やめておきましょう。
損切りも確実にね!

 

 

EUR/USDチャート分析

日足

 

先週頭にそろそろ天井近いよツイートしたのですが、調整下落はイメージ通りでした。
で、ここからなんですが陰線の勢いも強いのでそのまま続落するのか?ここが押し目となり再度上昇していくのか?を見極める週となりそうです。

ポンドの影響を受ける通貨ペアにつき引き続きBREXIT関連ニュースには注目したいです。

どちらかと言えば今週はドル主導で動きそうな予感がします。

 

 

4時間足

 

綺麗な転換相場ですね。
4時間足レベルでは下落トレンド確定してるので戻り売り優位です。

戻りメドは1.1100~15付近。
ここで再下落してくれると50%ラインでもある1.1030トライへ。
更に下落し1.1000も割れると下落は加速?!
というような流れです。

FRB利下げ期待からドル売りとなる場合はFOMCキッカケでドル買いに一時的に傾く可能性があるのでやはり積極的に買うよりは売りで丁寧に取っていく方が無難なのかな~と考えます。

 

 

GOLDチャート分析

日足

 

 

週末にかけて上ヒゲが出てしまいましたが、日足認識で三角保ち合いを上にブレイクしました。
このヒゲを調整の範疇と見るならばここから買っていくのはテクニカル的にはアリです。

ただ今週はポンド絡み注意ですし、指標ラッシュでテクニカル意味あんの?みたいな相場にもなりそうなので注意しつつ監視していきたいです。

 

 

4時間足

 

強めの切り返しで上昇分が打ち消し。
とは言え日足三角ラインブレイクの方を優先してるので1500ドル付近は買いで良いかなと思ってます。

もちろんライン内潜りのパターンになればレンジ継続となるのでそこは柔軟に。

株が強くドル円も底堅いなか、GOLDが上げてるのは違和感ありますが、FOMCを機に株価が調整のターンに入れば自ずとドル円も下落、GOLDも上昇という事で辻褄が合いますね(自己都合w)。

 

 

まとめ

 

いやあ書いてて疲れましたw
先が読めないものに対してここまで熱く語れるのは相場以外無いでしょうね(・∀・)爆

個人的には調整の週かなと見ております。

上昇相場であっても調整は必ずあります。
BTC相場見てても分かりますが、一旦下にしゃがまないと上に伸びるチカラは蓄積されないので。

という事で今週は指標オンパレードで特にリスク管理が重要な週となるので慎重にいきませう。

それでは今回は以上ですニャ( ^ω^ )

 

 

  • この記事を書いた人

ニャーさん

兼業投資家。 FX歴約10年。 仮想通貨1年生。 ビギナーズラックが無いまま半年で100万溶かしました。 その後は右往左往しながらも何とか生き延びてます。 妻と娘のために日々奮闘中。

-ニュース解説, 仮想通貨, 相場分析
-, ,

Copyright© にゃるほどFX , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.