ニュース解説 相場分析

10/7〜週の相場分析&ニュース解説

投稿日:

 

 

まいど~

ニャーさん(@zenbariman)でっす。

 

誰だよ先週ダウ買えって言ったの!爆

(いや買えとは言ってないがw

 

いやはや相場ってのは本当に奥が深い。

僕はというとISM製造業のサプライズ悪化+トランプ砲により早々に空気感の変化を感じて切り替えをしておりました。

Twitterではリアルタイムで相場観ボヤいてたりするので良ければフォローしてみてね!笑

 

さて。

米指標の悪化で利下げ催促相場が復活しました。

指標が悪けりゃ利下げ観測浮上で株価は反発するってのは予想してたんですが、まさかここまで急落するとは…

で、雇用統計終わって最後の最後に反発なのねw

 

オモロイやんけ~

 

という訳で、、笑

 

出来た流れを事実として受け止めて今週の相場にどう対応していくか?

ここが重要ですからね?

では早速ニュースのおさらいから参りましょう♪

※ブログランキング参加中

本題へ入る前に
応援のポチよろしくお願いします。
更新の励みになります^^


FX・サラリーマン投資家ランキング

 

気になるニュースまとめ

ISM製造業ショック&トランプ砲で株価急落

 

これが先週の流れのキッカケを作りましたね。

 

ISM製造業景況指数  47.8

10年ぶりの低水準…いやめちゃめちゃ悪いね👎

 

※豆知識コーナー

《ISM製造業景況指数とは》

米供給管理協会(ISM)が製造業約350社の仕入れ担当役員にアンケート調査を実施して発表される指数のこと。

基準値50より上か下かで景気の良し悪しを判断するものです。

 

 

英ジョンソン首相、ブレグジットに関する新提案を発表

 

久々のブレグジット大ネタ投下です。

一応10/31期限のブレグジット。延期だのどうのこうの言っておりましたが、ここに来てイギリス側が妥協案とも言える新提案を発表しました。

細かい内容については上記ツイートを参照してください。

 

簡単に言えば、

⑴北アイルランドとアイルランドにおいて関税に関する厳格な検問所は国境から離れた場所に置き、税関手続きも簡素化する。

⑵北アイルランド議会にEUに対する拒否権を持たせる。

こういった内容です。

 

これに対しアイルランド政府は反対しておりますが、イギリスにとってはEUに対してこれまでにない妥協案を提示した形となります。

もしかすると、合意あり離脱になる可能性も??

 

 

雇用統計はNFP悪化も失業率が大幅改善

https://twitter.com/Min_FX/status/1180098324705136642

 

週末は雇用統計の発表がありました。

 

▼雇用統計結果▼

非農業部門雇用者数(予想+14.5万人)

→+13.6万人

失業率 (予想3.7% )

→3.5%

平均時給 前月比 (予想+0.3%)

→0.0%

平均時給 前年比 (予想+3.2%)

→ +2.9%

 

非農業部門雇用者数(NFP)は予想を下回り+13.6万人となりましたが、失業率が予想に反して大幅に改善され、そこがやや好感された模様。

良いとこ取りなだけな気もするが…^_^;笑

週中ぐらいからずっと下落一方だったので手仕舞いによるショートカバーも多少はあったのかもしれませんね。

 

一方で株価は大幅反発。

NFPやや悪化からの利下げ期待→株高の流れはセオリー通りかと思います。

 

 

今週の戦略

 

週末にかけて株価は反発したものの、やはり米経済の雲行きは怪しくなってきてるのは間違いなさそうで、正直ここを押し目と捉えるのはまだ早いような…そんな気もしてます。

株価の反発を見て週明け東京オープン以降は買い戻しの上昇など見られるかもしれませんが、ドル円やその他クロス円なんかは上値は結構重いのかなと。

 

注目材料は中国が連休明けになることに加えて10~11日にかけて米中閣僚級貿易協議があります。

その他パウエルFRB議長の発言FOMC議事録に注目が集まりそうです。

結局、FRBに対する利下げ催促相場の行方と米中への期待感により上下動することになりそうです。

 

もちろんトランプ砲にも注意です。

(注意のしようがないですが^_^;)

 

今週は今まで以上に慎重に。

 

・USD/JPY ややショート寄り

・売りならGBP/JPY  買いならGBP/USD

・GOLD ロング&ショート両サイド

 

一応メインはこの辺りで。。

 

今週はヘッドライン次第でどちらにも飛びそうですw

FRBの出方や米中貿易協議の進展具合、またブレグジットの動向によって流れが急変する可能性は十分考えられるので、先週のように柔軟に対応していくつもりです。

今週は目線を固定せず流れに沿ってトレードする方が無難かもしれません。

 

 

USD/JPY チャート分析

日足

 

3本連続陰線で小休止。

現在はインサイドデイとなってます。

金曜高値安値が基準となりそうで、高値付近は一度は売ってみたい所ではありますが、超えてくると107.70-80ゾーンが見えてきます。

一方でISM非製造業で付けた106.50を再度下回ることになれば106.00を目指す展開に?!

ただし現状の流れからすぐに下値を拡大していくイメージはありません。

 

 

4時間足

 

直近では下落の流れが強いですが、少し遡ると大きく波形を描きながら上下動しているのが分かります。

となれば予想に反して大きく戻ることも視野に入れながら利下げ期待によるドル安方向へのBETというイメージで臨みたいですね。

現状では107.30を超えるかどうかに注目してます。

 

 

GBP/JPYチャート分析

日足

 

Wボトムをつけて急上昇したものの、勢い続かず陰線の連続。

135.30ラインを実体で超えれなかったのも下落を加速させてるのかもしれません。

注目ポイントとしては132.20-50折り返しの戻りゾーンで一度はレジサポ転換したものの再度下抜けてきたと。

 

その後の値動きも非常に上値に敏感で上げても叩かれてヒゲになっています。

こうなるとWボトムで買ったロンガーは流れ次第では結構厳しいのではないかと。

 

 

4時間足

 

戻り目処132.20-50を再び超えるか否か。ここが重要なんジャマイカと。

 

綺麗に波形を作りながら動いてるのでレンジで細かく取りつつブレグジットの動向を見守る展開になりそうです。

 

(※補足)

ブログ執筆の最中、スコットランドで英独立派による大規模デモとの報道あり。

 

アイルランドを取り巻く問題がスコットランドにも波及?!

なかなかカオスな状態になってきたカモ?!

週明け下窓となればむしろ買いか?笑

 

 

GOLDチャート分析

日足

 

三尊天井からのダマシ発生パターン。

本来ならロング激アツパターンではありますが、株価の反発により上値は抑えられてます。

このままチャネル波形となって再度下値をトライしに行くのか?!

切り下げライン上抜けてリスクオフ相場へ向かうのか?!

最近GOLDは個人的に注目してます。

 

 

4時間足

 

雇用統計で一旦下方向トライしたものの値を戻してます。

再度1495ドル下抜けるとチャネル下限まで行く可能性があります。

上値は1530ドル手前ぐらいが重そうですが、超えてくれば最高値更新も見えてくる位置ですね。

 

 

まとめ

 

今週は見る人によって捉え方が変わりそうな相場になりそうな‥.そんな印象を受けます。

→という事はレンジ相場です笑笑

 

パウエルFRB議長の発言でどこまで次回FOMCにて利下げを織り込ませてくるのか?!

そして米中貿易協議によってインチキ相場は継続するのか?!

いよいよ大詰めのブレグジット問題、進展はあるのか?!

 

いずれにせよここからは難易度高めとなるので今週は特に慎重に行きませう!

それでは今回は以上ですニャ(●'w'●)

 

  • この記事を書いた人

ニャーさん

兼業投資家。 FX歴約10年。 仮想通貨1年生。 ビギナーズラックが無いまま半年で100万溶かしました。 その後は右往左往しながらも何とか生き延びてます。 妻と娘のために日々奮闘中。

-ニュース解説, 相場分析
-, ,

Copyright© にゃるほどFX , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.