FXを学ぶ

【FX】ラインの強弱を超シンプルに見分ける方法とは? 市場心理を元に解説

更新日:

 

 

 

まいどーも!
ニャーさん(o^^o)@zenbarimanだお。

 

今回は久々のテクニカルテーマです。

 

題して・・

 

《ラインの強弱の見分け方》

 

キ・キ・キ・キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

 

 

こんなテーマを待ってたよ
ラインは引くけど自分のラインに自信が持てなかったんだ
ニャロメ君

 

ニャーさん
相場は市場心理で動きます
そのポイントさえ意識してれば意外とシンプルに攻略できますよ

 

10秒でチェック!!この記事の要点まとめ

長期足ラインがより強い(日足ラインは確認必須)
✅新高値安値更新の起点となるラインに注目!
✅ローソク足の大陽線、大陰線に注目!
✅市場心理が大きく働いたポイント
→より強く機能するライン

 

では早速本題へ参りましょう

※ブログランキング参加中

本題へ入る前に
応援のポチよろしくお願いします。
更新の励みになります^^


FX・サラリーマン投資家ランキング

基本的な考え方

 

まずラインを引くにあたり大前提の考え方があります。

それは、

長期足になるほどラインが明確に効きやすくなる

ということです。

 

当たり前田のクラッ○ーですやん!
と突っ込みを入れたくなる気持ちはすごーく分かります。

 

でも実際にトレードすると5分足とか15分足のラインばかりが気になって意外と疎かになるのが長期足ライン。

まさに「木を見て森を見ず」状態に陥ってしまいます。

 

まずはじめに認識しなければいけないのは長期足ラインです。

もちろん月足→週足→日足→4時間足の順にラインを意識しておかなければいけないのですが、どの時間軸でトレードするにせよ絶対に外してはいけないのが日足ライン

日足ラインが15分足のラインより強いことは誰の目から見ても明らかでしょう。

 

 

 

何をおいてもまずは日足ラインの認識が最優先です。

 

 

15分足では下落トレンドとなってますが、直下に日足サポート(赤ライン)がありライン到達後レンジに移行。

レンジ推移後は日足サポートに支えられる形で反発上昇しています。

 

 

ラインの強弱は同一時間足でも差がある

 

それではここから更に掘り下げて考察していきます。

長期足のラインがより強く反応することは分かりました。

何故なら市場参加者みんなが見ているポイントだから。

 

ココ結構重要なのでテストに出ますよ( ・∇・)

 

では同一時間足で意識されるポイントはどのような所でしょうか??

 

ニャーさん
ここでthinking time
皆も一緒に考えてみよう

 

意識すべきポイント解説

 

①直近高値/直近安値

 

まずはシンプルに直近の高安ラインです。

市場参加者は直近高値や安値のラインを背にエントリーしてる場合が多いので、ストップ注文がその上下に溜まってることは良くあります。

ロングエントリーなら直近高値は一旦の利確の目安となりますし、高値ブレイクしたなら直近高値のラインは今度はレジサポ転換のサポートラインとして機能するかもしれません。

絶対に外せないラインです。

 

 

②新高値&新安値更新の最後の押し目&戻しライン

 

コレも非常に重要なラインとなります。

高値更新の場合で考えると、売りでエントリーした人は新高値更新で損切りになるか捕まります。

捕まった人はその上の高値まで耐えるか塩漬けするかの選択を迫られます。
たまたま今回は運良くチャートが崩れてエントリーポイントまで戻ってきました。

この時の売り方の心理

「今回は助かった!もう含み損耐えるのは辛いから一旦逃げておこう」

となるのでヤレヤレ買い戻しが入りやすくなります
なので結果としてラインが機能しやすくなるんです。

 

ニャーさん
賢いアナタは潔く損切りしてください
いつか必ず大損します

 

 

 

 

以前の水平線記事と一緒に見ると理解が深まりますよ🎵

合わせて読みたい

【シンプルFX】水平線とローソク足だけでトレードしてみたら意外な事実が判明した件

 

 

③ローソク足の大陽線/大陰線の起点ライン

 

考え方は②とほぼ同じです。

捕まる人の心理を考えましょう。

ポイントとなるのは《逃げるタイミングを与えない相場の勢い》です。

 

経験はあるかと思いますが、自分がエントリーした方向とは逆に大きく跳ねた又は落ちた場合を想像してみましょう。

苦しいですよね??
胸が締めつけられますよね??笑

だからその起点ラインは他のラインより強く働きます。笑

 

 

 

まとめ

 

今回はラインの強弱の見分け方について解説しました。

相場を動かすのはあくまで市場心理です。

その市場心理が大きく働いたポイントはどこか??
そこに注目してあげると強く機能するラインが見えてきます。

 

にゃるほど!
意外とシンプルな考え方ですね
ニャロメ君

 

ニャーさん
シンプルが1番ですヨ
ふぉっふぉっふぉ

 

慣れてくるまでは練習が必要です。
ラインを引くときは市場心理を意識するように♪

それでは今回は以上ですにゃ(^_^)

 

合わせて読みたい

サルでも分かる【環境認識】市場心理編

 

ニャーさんもオススメのFX会社 【GMOクリック証券】

※ただいまキャッシュバックキャンペーン実施中!

GMOクリック証券【FXネオ】口座開設

  • この記事を書いた人

ニャーさん

兼業投資家。 FX歴約10年。 仮想通貨1年生。 ビギナーズラックが無いまま半年で100万溶かしました。 その後は右往左往しながらも何とか生き延びてます。 妻と娘のために日々奮闘中。

-FXを学ぶ
-, ,

Copyright© にゃるほどFX , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.