ニュース解説 相場分析

11/18〜週の相場分析&ニュース解説

投稿日:

 

 

おはよう
こんにちは
こんばんは

 

みんなの損はオラの得!

どうも、ニャー (@zenbariman) です。爆

 

 

 

 

( ^∀^)

 

 

 

 

相場がイマイチなもんでワケワカメなテンションでございます。

 

いやまあプチバブル相場なんですよ。
僕言いましたよね?

 

ダウも史上初28000ドル台突入!
為替なんぞやってられねー!笑笑

 

うむ。
普通に株買う方が良いかと。

 

高値掴み怖いよね??
って思ってる人多そうだけど、いざ待ちに待った押し目→急落起こると買わないんだよね、そういう人に限って。

 

 

そんな話は置いといて、なかなか手が出しづらい相場なのは確かです。

米中の行方1つでコロッと環境変わっちゃうもんでねー!爆

ここで文句垂れても仕方ないので、淡々と参りましょうww

 

 

気になるニュースまとめ

パウエル議長、議会証言にて利下げ停止を示唆

 

先週はパウエルFRB議長の議会証言に注目が集まりました。
ここ最近の米経済の堅調ぶりを強調し、とりあえずこれ以上の利下げは考えていないという意向。
しかし経済動向見ながら柔軟に対応するという発言がポジティブに捉えられたようでドルも底堅く推移しました。

あまり行き過ぎた表現となると相場への影響が大きくなるので上手くやったなあという印象w

 

 

YahooとLINEが経営統合

 

これも話題になりましたね。

実際の報道が入る前に文春砲がありました。
株価もジワジワ上げていたようで内部では情報漏れてたんかな??笑笑

いやしかしこれでスマホ決済の覇権をpaypayが握る事になるのだろうか?!

とりあえず○○payシリーズは多すぎるからみんな統合して1つのpayに統一してくれよな!爆
という切なる思いですw

 

 

米中関連は先週も要人発言でイッテコイ

 

この茶番劇はいつまで続くのか?!(啞然)

 

期待感で上げるだけの相場ならフェーズ1合意で一旦セルザファクトとなる可能性も視野に入れておきたいですね。

とは言え流れに逆らう事も出来ないので、先週に引き続き株価に関しては押し目は拾う方が賢明かもしれません。

年末商戦に向けてもう少し上昇余地は残ってると考えてますので、高値掴みを恐れず且つ丁寧に押し目を待つ戦法は変更なしです。

 

 

今週の戦略

 

先週と同じく米中ヘッドライン相場には変わりありません。

上述の通り、合意期待が先行してるなら実際に合意されればそこが一旦の天井になる可能性は考えておきたい所です。

 

ダウも節目の28000ドルを超えてきて株価のニュースを民放で見る機会も増えてきました。

高値掴みには警戒です。

 

株価の上昇の影で週末にかけてはユーロの上昇も目立ちました。

今週末にはラガルド新総裁の発言を控えており、ドラギ総裁の緩和路線を継続するのか??というポイントには注目です。

 

 

今週も相場様次第の展開で柔軟に対応するしかないので、現状のテクニカル判断だけで言うなれば・・・

・ドル円ややショート寄り目線

・ユーロドル短期ロング目線

こんな感じですかね。。

 

週一更新のブログですが、先週の流れを踏まえた上での相場分析なので月曜日火曜日の動き見て全く逆方向にBETする事もあります。

先週もやれプチバブルだの、やれドル円ロングとか言いながら、結局ドル円&ユロ円ショート保有してましたww

実際はそんなもんですよ(・∀・)爆

 

なのでリアルタイムで相場観知りたいならTwitterの方をチェックしてみて下さいませ!

ではでは実際のチャートで分析していきます。

 

 

ドル円チャート分析

日足

 

 

金曜日反発を見せましたが、ここから高値抜けてガンガン上げてくチャートには見えないっす。汗

どちらかといえば109あたりで三尊天井形成するか、109.50あたりでWトップとなるか?

この辺で頭打ちとなり切り上げラインを下抜けすると分かりやすい流れになりそう。

 

 

4時間足

 

現状だとまだ上昇余地はありますね。
ただ三尊右肩ライン109.20から上はかなり重くなるのでは?と見てます。
下値は108.50割れで再度前週安値トライか。

安値更新で108円の節目だが、107円台は買われると見てます。

 

 

 

ユーロドルチャート分析

日足

 

 

直近の上昇は強いものの、日足レベルではWトップ形成後のネックリトレース局面、どちらかといえば売り優勢??なチャートに見えます。

しかし1.10という大節目には一回到達してますので、ここから短期上昇転換の可能性も考えられます。

現状抵抗帯が多いので、一回押し目を作って時間をかけてゆっくり上昇していく流れを狙っていきたい所です。

 

 

4時間足

 

ちょうど1.1055水平ラインで止まってるので、ここから売られる可能性もあります。

21smaがポイントとなりそうなので、このsmaを境に転換となれば短期ロング狙っても良いかもしれません。

 

ただ、週末にはラガルド新総裁発言があるので週初め~週中にかけての流れを取りに行くイメージの方が良いかもしれません。

緩和路線継続との見方が強まってくるとユーロの重しになる可能性があるからです。

 

 

 

まとめ

 

株を大底で買っていない以上、デイトレーダー的には短期でチマチマやっていくしか無さそうです。泣

少し高値警戒感は持ってても良いかと思います。
(安易な逆張り売りは推奨しません)

 

今週の注目は

20(水) FOMC議事録

22(金) ラガルドECB新総裁発言

です。

米中問題で波乱含む中で、中銀ネタも忘れてはいけませんw

 

新規材料に欠く相場環境なので、少し目立ったヘッドラインがあれば一時的に勢いづく事も考えられます。

リスク管理には十分注意して今週も乗り切りましょう♪

それでは今回は以上ですにゃー!

 

 

  • この記事を書いた人

ニャーさん

兼業投資家。 FX歴約10年。 仮想通貨1年生。 ビギナーズラックが無いまま半年で100万溶かしました。 その後は右往左往しながらも何とか生き延びてます。 妻と娘のために日々奮闘中。

-ニュース解説, 相場分析
-, ,

Copyright© にゃるほどFX , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.