ニュース解説 相場分析

9/9〜週の相場展望とニュース解説

更新日:

 

 

皆さん、お久しぶりです。

ニャー(@zenbariman)です。笑

 

突然のブログ復活・・

 

何があったんだろう・・

色んな思惑が交錯・・

 

してないか!

する訳ねーか!!爆

 

Twitter見られてる方は

「あっ(察し)」

という感じなんでしょうねぇ笑笑

 

ここ最近はどちらかと言えばTwitterを中心にSNSに注力してました(知ってる)。

 

でもやっぱり140字じゃあ限界あるわ!

という訳で完全に気まぐれ復活ですw

 

不定期ですが、また更新して行けたらと思ってます。

どうぞ生温かいご支援をよろしくお願い致します。

 

さて、それでは来週に向けたトレード戦略考えてみましょう。

 

 

※ブログランキング参加中

本題へ入る前に
応援のポチよろしくお願いします。
更新の励みになります^^


FX・サラリーマン投資家ランキング

 

気になるニュースまとめ

香港行政長官、逃亡犯条例改正案を正式に撤回

 

 

デモが激化する香港ですが、突然の公式発表はサプライズとなり為替にも影響を及ぼしました。
ただし、サミットに向けた一時的な鎮静化の狙いもあるようで、これで万事解決とはいかない模様。

 

 

EU離脱延期法案、上院で可決

 

 

混迷を極めるブレグジットですが、離脱延期がほぼ確定です。

もうポンド(ホント)勘弁してくれよ…ここまで延期するならもはや離脱しなくて良いじゃん!

とも思えてくるほどの茶番劇ですw

まあバックストップ含め何も議論は前進してませんが(笑)、来年1月まで猶予が出来る訳ですから過度な離脱リスクは後退といった感じでショートカバーが大きめに入ってるナウ!という環境ですね。

 

 

雇用統計結果を受けて

 

結果は以下の通り

予想 ⇒ 結果

非農業部門雇用者数 +16万人 ⇒ +13万人

失業率 3.7% ⇒ 3.7%

平均時給 前月比 +0.3% ⇒ +0.4%

平均時給 前年比 +3.0% ⇒ +3.2%

 

NFPが予想より悪化したのを受けて一時的にドル円は下振れしましたが、引けにかけては反発を見せています。

ダウも終値ベースで+69ドルと底堅く推移してます。

雇用統計後のパウエル発言では踏み込んだ発言は見られませんでした。

 

FRBの利下げを織り込んでる相場においては雇用統計が良すぎても利下げ観測後退→株価下落のリスクとなるので、今回の結果は米株にとって1番ベストな結果だと捉えることも出来ます。

 

 

通貨の強弱

 

(参照:Currency Strength Chart)

 

週末にかけての相関関係はご覧の通り。

単に今の相関関係を示したものであり、これが週ベースでの戦略に使えるかどうかは疑問ですが、少なくとも今はニュジ系オジ系が強いと。

ポンドが弱いとなってますが、ショートカバーが大きすぎるので、ある一定数の利確玉によるものだと判断します。

 

来週のトレード戦略

 

さて諸々のニュースや前週からの流れを加味すると、やはり全体的にはリスクオン気味に動きそうなイメージですね。

もちろん米中問題もブレグジットも引き続き警戒は必要ですが、デイトレベースであれば実際にリスク要因が表に出てから動き出しても遅くはないでしょう。

今のこの流れに売りで仕掛ける方がリスク高いと思いますね。

素直に流れに乗っていきましょう。

 

雇用統計消化でいよいよFOMCを迎える訳ですが、利下げ期待は残ると見てドル売り方向。

米経済最強説→雇用統計の結果は米株にとってはプラス要因となるので日経よりはダウ。

香港リスクも後退でオジ系強く、ブレグジット不安後退からポンドも引き続き買い戻しが出る??

 

という訳で来週の注目通貨ペアとして

・AUD/USD ロング

・GBP/USD ロング

・ダウ ロング

この辺をメインに監視したい考えです。

 

AUD/USDチャート分析

 

週足

 

 

週足大陽線頂きました~笑

過去4週の陰線を全て包む陽線なのでかなり強気です。

 

 

日足

 

 

週足強気ですが、日足サポートライン付近なので利確もそれなりに出やすいポイント。

しっかりサポート乗せてから再びレジサポ転換したところをロングで狙っていきたいです。

 

 

4時間足

 

 

0.6800耐えるようならロング目線継続で00ライン手前まで調整入るなら積極的に狙う。

0.6855あたりを再びアタックして抜けれるかどうか??抜けたら0.7000も視野に。

0.6855乗せからのレジサポ転換ロングが本命

 

 

GBP/USD チャート分析

 

週足

 

 

下ヒゲ大陽線頂き~♪笑

先週かなり爆上げたポンドですが、本格調整はここからといった印象を受けます。

 

 

日足

 

 

綺麗なWボトム完成。

ネックラインリトレースとなって再上昇するかどうか??の見極めポイント。

実体が比較的しっかりしてるので個人的にはもう少し調整の下ヒゲは確認したいところ。

 

 

4時間足

 

 

 

1.2230-10でサポートされて反転というのが、1番綺麗なトレンド描きそうです。

来週以降もポン様なので上下に振ってくる場面はあるかと思うので下振れに怯むことなく攻めていけたらと考えてます。

1.2200も下抜けると1.2160あたりまで警戒で、ここまで調整が入るとロングも強気とはいきません。

 

 

ダウ(DJI)チャート分析

 

日足

 

 

 

長らく続いたレンジを上抜けてきました。

26700ドルの重要なレジスタンスもこなして伸びてきてるのは強い証拠です。

 

 

4時間足

 

 

26300~400ドルぐらいまでの調整が入るならロングを狙っていきたい考えです。

最大26000ドルまではロング目線で、割れると完全にフラット移行です。

上値目処は最高値27300ドル付近となり、ここを超えると目処が分かりません。笑笑

 

 

まとめ

 

来週はこんな感じでイメージしつつ、トレード戦略を練ってみました。

参考になれば幸いです。

ボラが拡大してきてるので、初心者の方は特に注意が必要です。

先週得た利益がたまたまの大勝とならないように自己管理をしっかり行いましょう!

という訳で今回は以上ですにゃー!

ここまで読んでくださり感謝です♪

 

  • この記事を書いた人

ニャーさん

兼業投資家。 FX歴約10年。 仮想通貨1年生。 ビギナーズラックが無いまま半年で100万溶かしました。 その後は右往左往しながらも何とか生き延びてます。 妻と娘のために日々奮闘中。

-ニュース解説, 相場分析
-, ,

Copyright© にゃるほどFX , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.