ニュース解説 時事ネタ 環境認識

今週(2/11〜)の相場展望〜ドル円・ユーロドル〜

投稿日:

 

 

まいど!
ニャーさん(°▽°)(@zenbariman)でつ。

 

先週は豪ドル欧州通貨の下落が目立った週になりましたね。
肝心のドル円は何やってんだ?!という感じでレンジから中々動けません。

 

株価についても週末に大きめの押し目を形成してます。
これが週明けに影響を及ぼすか??

 

また中国が春節明けとなるので、まずは週明けの中国の動きには注目しています。

それでは主要ニュースのおさらいと、各通貨の分析へ参りましょう)≧∇≦(

※ブログランキング参加中

本題へ入る前に
応援のポチよろしくお願いします。
更新の励みになります^^


FX・サラリーマン投資家ランキング

主要ニュースまとめ

豪ドル下落、ロウRBA総裁発言で

 

RBA政策金利では金利据え置きとなりましたが、その後のロウRBA総裁発言で利下げ観測が再浮上。

豪ドルはこれまでの上昇を打ち消す形に。

詳しくは前回記事も参考にしてみてね♪

合わせて読みたい

【ポイント解説】豪ドル急落!!RBA政策金利での上昇全否定と、そこから見える市場心理の移り変わりとは?

トランプ一般教書演説その後

https://twitter.com/Min_FX/status/1092995643310624768

米朝首脳会談の日程が発表されました。(2/27-28)

それ以外の内容はこれまでの政策の成果にとどまり、新たな政策の発表等はありませんでした。
野党民主党にも一定の配慮を見せながらも自己の主張をアピールしたい姿勢に変化はなかったという印象を受けました。

 

 

ユーロ系指標が軒並み低下、景気低迷を示唆

ここへ来てユーロ圏の経済に暗雲が・・

各指標は軒並み低下です。

イタリア🇮🇹GDPが悪化、リセッション入り

※リセッション=景気後退

その他にも仏サービス業PMIも2ヶ月連続の50割れ・・・

独GDPの伸びも鈍化してきているという事でユーロ売りが進行しております。

イタリア🇮🇹はまあ分かるんですよww
昔っからユーロの足引っ張ってきてるんで。

でもドイツ🇩🇪とフランス🇫🇷は訳が違うんです…

ここへきてドイツ🇩🇪のリセッション入りも懸念材料として挙げられてます。

ユーロ圏の経済指標は今後いつも以上に敏感な反応を見せてくることでしょう。

 

主要ニュースは以上です。

それでは各通貨のテクニカル分析へGO!!

 

 

ドル円日足

 

ドル円は鬼レンジ継続中なので、敢えて言うことはありません。笑

110.10〜109.50レンジをどちらに抜けるか?!
といった所でしょう。

日経、ダウが今の水準で下げ止まるなら株価に連れて上昇の可能性は高まりますが、こればっかりは実際の動き見てからの方が賢明でしょう。

先週がSQによるオプション絡みの動きであったならば今週は上を試しやすくなるでしょうが、やはり110円を超えても上値は重いのでは?!というイメージは拭えません。

 

 

ドル円4時間足

 

まあレンジですよ。爆
そろそろレンジトレードも怖い気がしてます。

レンジブレイクを待つターンに来てるかもしれません。

注意すべきは誰が見ても明らかな値幅でのレンジとなっている状況です。
このようなケースでは、ようやくブレイクしたかと思ったら急速に値を戻すダマシも発生しやすいです。

ブレイクしたらN字レジサポ転換とブレイクダマシの両サイドにプランを練っておきましょう。

その他の要因としては日経の弱さが気になる所です。
日経が更に下落する流れになればドル円も崩れる可能性はあるでしょう。

 

 

ユーロドル日足

 

ユーロ系指標の悪化から思いのほか売り圧力が強い週でしたね。

やはり1.1500あたりが上値抵抗線として意識されたのでしょう。

現在はレンジ下限1.1300付近まで来てるので突っ込んで売るのは得策ではありません。

1.1300での反応を確認した上で次の戦略を考えましょう。

戻り売り優位の状況は変わりませんが。。

 

ユーロドル4時間足

 

 

レンジ下限で張り付くような値動きになればタイミングを見てブレイクエントリーも視野に入れます。

戻るパターンなら1.1380-1.1415あたりを抵抗ゾーンと見て売り場探し。

 

 

ロンガーが捕まってますが、直下には買いオーダーも。

一旦利確による反発を見せた上で再度下値を探るようなイメージを持っておきます。

 

 

通貨の強弱チェック

 

春節明けの絡みでやはり豪ドルは注目かと。
豪ドル、ユーロが弱い中、ドルが買われる展開なので売るならドル円よりクロス円またはドルストレートの方が良さげです。

 

オージードル日足

 

意識されるポイントでは下げ止まってます。
春節明け、売りで捕まってたショーターのヤレヤレ買いが入れば一旦戻りをつけやすく、そうなると売り場を探しやすいですね。

 

 

オージードル4時間足

 

0,7145-0.7200を戻りゾーンと見て売り場を探していきます。

ただし、現在も米中貿易協議には注目が集まってるので突発的な報道には警戒が必要です。

場合によっては安心感から一気に買い戻しが入る可能性も否定できません。

 

 

まとめ

 

為替については各通貨の相関がマチマチで少し難しい局面かもしれません。

月末27.28日には米朝首脳会議が開催されます。
再び地政学リスクが浮上する可能性もあります。

とは言えドル高相場は継続中なので、まずはオセアニア&欧州売りドル買いと見て流れに乗っかりたい方針です。

全体的にややリスクオンの雰囲気は漂ってきつつありますが、とりあえず相場の流れに従うしか無さそうなので自分のトレードを心がけて慎重かつ大胆に。

 

ニャーさん
今週もがむばろう

 

それでは今回は以上ですにゃ(*´-`)

 

ニャーさんもオススメのFX会社 【GMOクリック証券】

※ただいまキャッシュバックキャンペーン実施中!

GMOクリック証券【FXネオ】口座開設

  • この記事を書いた人

ニャーさん

兼業投資家。 FX歴約10年。 仮想通貨1年生。 ビギナーズラックが無いまま半年で100万溶かしました。 その後は右往左往しながらも何とか生き延びてます。 妻と娘のために日々奮闘中。

-ニュース解説, 時事ネタ, 環境認識
-, ,

Copyright© にゃるほどFX , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.