ニュース解説 環境認識 相場解説

雇用統計も市場心理でスッキリ攻略!気になるドル円相場の行方とは?!

投稿日:

 

まいど!
ニャーさん(^-^)(@zenbariman)ですお。

 

ZOZO前澤社長のお年玉ツイートが話題になってます。

 

いやはやコレは凄い(*⁰▿⁰*)
その後も100万あげます企画が続々と・・・

これはバブル崩壊の前兆か?爆

とも考えた自分はやはり天邪鬼なのか…

賛否両論あるみたいですが、新年早々批判して叩くより素直に喜びましょうよ。
タダで100万ゲット出来るチャンスなんだから。

でもこういう流れに乗っかって必ず悪巧みする輩も居てるのでそこは注意しましょう。
現金プレゼントなんか99%嘘ですからね💦

とか言いながら僕もプレゼント企画やっちゃいます!!爆

フォロワー1000人達成記念&お年玉企画という事で、また詳細はTwitterの方で公開致しますので今のうちにフォローしておくように🤧笑

 

さてさて。
今回は2019年1月雇用統計を市場心理と共に振り返ると共に気になる今後のドル円相場の行方について解説します。

買いポジロスカットされた後、
雇用統計後にショートでも担がれちゃったよ…
ニャロメ君
ニャーさん
相場はその時の市場心理と流れで決まります
順を追って解説するよ

 

10秒で分かるこの記事の要点まとめ

・良好な雇用統計を受けてショートカバーの様相

・直近の相場の流れから市場心理を読み解こう

・不安定な相場環境は利食い千人力で乗り切ろう

 

※ブログランキング参加中

本題へ入る前に
応援のポチよろしくお願いします。
更新の励みになります^^


FX・サラリーマン投資家ランキング

雇用統計結果まとめ

 

・非農業部門雇用者数
+31.2万人(予想+18.4万人)

・失業率
3.9%(予想3.7%)

・平均時給(前月比)
+0.4%(予想+0.3%)

 

ナニコレめちゃくちゃ良いじゃん!爆
という事で悲観ムードが一転ショートカバーの展開へ。

 

 

パウエルFRB議長発言で更に買い加速

 

ハト派のパウエルFRB議長が若干タカ派に寄るだけでプチサプライスにw

パウエル氏のタカ派発言により更に買い戻しが強まる展開になりました。

 

市場心理と相場の流れを振り返る

 

さてここで年始からの相場の流れをおさらいしておきますと、皆さんご存知フラッシュクラッシュによりドル円は一時105円を割り込む動きとなりロスカット祭りが発生しました。

 

合わせて読みたい

円急騰!年始のフラッシュクラッシュ解説と今後の立ち回りを考える

 

本来の雇用統計であれば直近の流れに対して逆張りで攻めるのが有効であると過去記事にも紹介させて頂きました。

具体的な例で言うと、直近の流れが下落相場であれば、上がったら売りたい新規プレイヤーが少なからず存在するはずですし、上で捕まったプレイヤーが逃げるためのヤレヤレ売りが入りやすいからです。

 

雇用統計の基本的な立ち回りや考え方はコチラの記事をどうぞ(^-^)

 

合わせて読みたい

【雇用統計】トレードの考え方まとめ

 

しかしながら今回のケースはどうでしょう?
年始の暴落で買いプレイヤーはほぼ壊滅となりました。

つまりヤレヤレ売りが通常より少ないと考えるべきで上値を抑える要因が軽減してたと捉えることが出来ますね。

年末から売りポジションを持っていたプレイヤーは雇用統計の結果を見て一旦利確を考えるでしょう。つまりショートカバーが入りやすい。

上で売りたいと考えたプレイヤーは今回多く存在したはずですが、発表後の値動きから逆にショートポジションを持ったプレイヤーが担がれる展開になりました。

 

雇用統計でもFOMCでも重要な考え方の1つですが、
サプライズに対しての逆張りは非常に危険です。

 

今回も下落ムードの中でのサプライズ発生なのでショートカバーが起きやすい流れでした。

という訳で雇用統計ドル円ショートで丸焦げになった方は注意しましょう🤧苦笑

 

 

今後のドル円の行方は??

 

さて注目のドル円相場ですが、良好な雇用統計結果を受けて今週も買い戻しが入りやすくなっています。

 

ドル円1時間足

 

戻り高値は109.50付近と110円とキリの良い価格帯ですね。

この辺までは戻す可能性がありますし、勢い次第では110円上のストップを付けに来るかもしれません。

 

オーダーを見ても直近の流れではショート勢が捕まってますので下値も堅そうで、107.60以下は買われてくるかと思われます。

 

 

 

オーダーの見方はコチラを参考にしてみてくださいね♪

 

合わせて読みたい

【保存版】FXにおけるオーダー取引をマスターしよう

 

いずれにせよ下値はクジラも動きそうな感じはありますし、下を掘るにはもう少し時間がかかりそう。

ただ、米中やブレグジットが思い出したかのように顔を出す展開を見え隠れしてますので、「あの時の上昇なんやったん??」的なナイアガラもあり得そうです。

不安定な相場環境なので、今はデイトレで細かく抜いていく方が安全かもしれません。

 

 

まとめ

 

相場の動きを捉える時にチャートのローソク足だけでは無く、そこに秘められた市場心理を感じ取る事が非常に重要だと考えてます。

直近の相場の流れと市場心理を読み解き、大衆より半歩先に対策を打つことで優位性のあるトレードを心がけましょう。

 

にゃるほど…
そういう事だったのね
ニャロメ君

 

ニャーさん
市場心理とチャートの値動きは密接に関係してるのです

 

それでは今回は以上ですにゃ( ^ω^ )

 

ニャーさんもオススメのFX会社 【GMOクリック証券】

※ただいまキャッシュバックキャンペーン実施中!

GMOクリック証券【FXネオ】口座開設

  • この記事を書いた人

ニャーさん

兼業投資家。 FX歴約10年。 仮想通貨1年生。 ビギナーズラックが無いまま半年で100万溶かしました。 その後は右往左往しながらも何とか生き延びてます。 妻と娘のために日々奮闘中。

-ニュース解説, 環境認識, 相場解説
-, ,

Copyright© にゃるほどFX , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.