仮想通貨 時事ネタ

ハッシュウォーって何??BCHハードフォーク問題をサルでもわかるように解説してみたよ

更新日:

 

どうも。
ニャーさん\\(*`д´*)//(@zenbariman)です。

え?
なんでそんな怒ってるのかって?

そりゃあそうですよ。
訳のわからん利権争いに我々は巻き込まれたんですから!爆

 

というわけで今回は仮想通貨ネタ。

世間を賑わせたBCHのハードフォーク、そして今もなお繰り広げられるハッシュウォーについて初心者向けに分かりやすく解説します。

 

ニャーさん
BCH界隈で起こってることを知っておこう

 

もともと仮想通貨市場がメインの方は当然知ってるような内容ですので、
この記事の対象者は以下の属性の方となります。

・メインはFXだけども昨年末の仮想通貨バブルで仮想通貨に参入した→宝くじ感覚で現物保有中の方

・仮想通貨始めてみたけどバブル崩壊で相場が低迷→最近はニュース追うのも面倒でひたすらガチホされてる方

 

ニャロメ君
(ワイのことやんけ…)

 

本題へ入る前に!
愛のポチ、
いや怒りのポチ💢押すのじゃあああ!
そのポチに渾身の怒りを込めろ(*`д´*)爆

※ブログランキング参加中


FX・サラリーマン投資家ランキング

 

5秒で分かるこの記事の要点まとめ

・11/15のハードフォークでBCHはBABCとBSVに分裂した

・ABC派とSV派で対立→壮大なハッシュ戦争が勃発

・BCHの崩落で仮想通貨市場の弱体化が更に進行か??

・相場の変化に柔軟に対応しよう

 

 

11/15ビットコインキャッシュのハードフォーク完了

 

 

11/15に注目のBCH ハードフォークが完了しました。

 

結果的にBCHは
Bitcoin ABC(以下 ABC)Bitcoin SV(以下SV)に分裂しました。

 

ハッシュウォー(hush war)とは??

 

 

ものすごく端的に言えばABC派とSV派によるハッシュ戦争を指します。

 

ポイント

※ハッシュパワーというのはマイニングの処理速度を表すものです

BCHはマイニングのアルゴリズムに
PoW(proof of work)を採用しています。

これはマイニングにおいて最も早く計算処理されたものに報酬を与えるシステムです。

要するに早いもの勝ちです。
SV派がパワープレイでマイニングシェアを上げたことが今回のハッシュウォーの引き金になりました。

 

もともとハードフォークする前から両派で意見の食い違いが生じており、ハードフォーク後のBCHについて

 

ABC派「正当なBCHを引き継ぐのはワイやで」

SV派「は??そんなもんSVに決まっとるやんけ」

 

というような利権争いが勃発してたんですね。

 

ABC派の代表がBitmain設立者のジハン・ウー氏。

 

 

 

 

 

SV派の代表が自称ナカモトサトシを公言するクレイグ・ライト氏。

 

 

 

 

 

この両者がバッチバチの喧嘩を始めたのがキッカケです。

 

クレイグ・ライト氏の暴走でますます泥沼化

 

SV派のクレイグ・ライト氏がなかなかの曲者です。

ハードフォーク前からABC派に挑発的な態度を取っていました

 

ビットコインの神とも言われているロジャー・バー氏ですが
ロジャー氏もジハンと同じABC派です。

そのロジャーに対しクレイグ氏が宣戦布告をしたのが話題に。

 

「全てのBTCマイナーに告ぐ・・。もし君らがBCHに鞍替えしたら、我々はその分をBTCで補う必要がある。ドルに換金することになる・・。仮想市場は耐えられないと思うがね・・。よく考えてみて欲しい。物凄い量を売る。良い一日を(P.S.私はBTCが1000ドルになっても全然構わないよ)」クレイグ・ライト

 

まさに狂人ですなwww

 

暴走は留まるところを知らず、
ついにゴリゴリのパワープレイでマイニングシェアを上げまくる始末です。

 

補足ですが、
ブロックチェーンの仕組みとして

【チェーンの分岐に際しては
よりチェーンの長い方を採用する】

というものがあります。

これを悪意のある個人や集団が意図的に改ざんすることで本来の正しいチェーンを否認することが出来てしまいます。
(これを51%攻撃と言います)

ちなみにクレイグ本人はこの度のパワープレイを51%攻撃ではないと否定していますが、
いずれにせよこの状況が続く限り通貨としての価値は限りなくゼロに近いと言えるでしょう。

 

 

リプレイプロテクションとは??

 

今回のハードフォークではリプレイプロテクションについても話題となりました。

リプレイプロテクションとは簡単に言うと

ハードフォークの際に分裂したコインが
別々のものであると認識するための対策

と言えます。

今回はこれが実装されませんでした。
つまりどういう事かと言いますと、

AコインとBコインに分裂したとき

Aコインにだけ送金するつもりがBコインにも送金されてしまった

という事象が起こり得ることを意味します。

こうなってしまうと決済や送金の手段としては使い物にならないのは明白ですね。

 

 

今後の仮想通貨相場はどこへ向かうのか?

 

結論から申し上げますと
非常に厳しい環境となりました。

未来の通貨として夢のある仮想通貨ですが、
現状では使い物にならないことが浮き彫りに。

結局札束の殴り合い。
ハッシュパワーの為に金をつぎ込むだけつぎ込んで一個人が通貨の価値をコントロール出来てしまうと。

非中央集権って何なの?というお話です。
完全に失望です(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

BCHは今回のハードフォークまでは最強の決済通貨だと信じてましたが、主要アルトのBCHがここまで崩れると他の通貨にも間違いなく影響が出るでしょう。

相当強めの買い材料が投下されるまでは
ダラダラ下げ続けるものと見ています。

クレイグ「ブハハハ!!こっちが本物のBCHだよ。
認めない限り攻撃し続けちゃうんだからね〜
ハッシュる!ハッシュる!」

ジハン「お前マジ何なんだよ、、、
でも売られた喧嘩は買うしかねえよな!」

投資家「こいつら何なん…もうBCHいいや、ポイ」

今の現状はこういう感じです。爆

 

まとめ

 

正直1年足らずでここまで相場状況が変わる市場というのは中々ないですね。

それだけ変化し続ける仮想通貨市場で勝ち抜くにはそれなりの情報収集力とそれに対応出来る俊敏さが必要になってきます。

BTCも2ヶ月続いたレンジを下方ブレイクしてきました。
リバの弱さを見る限りもう一段の下げは全然あり得ます。

 

今安いからと飛びつくのは個人的には得策でないと思っています。

《落ちるナイフは拾うな》

買える状況になってから買っても全然遅くないです。今は状況を見守りましょう。

 

 

(※追記)

その後のビットコインですが予想通り大暴落しています。

暴落相場の特徴と立ち回り方を紹介しておきますので参考まで。

【FX・仮想通貨共通】暴落相場の基本的な立ち回りをマスターしよう

 

暴落する相場ではFXのショートヘッジがオススメです。

 

ニャーさんも使ってるBTC-FX口座 【GMOコイン】

※スプレッド縮小キャーペーン中

ポイント

仮想通貨FXのメリット

・少額で始められる

・値幅が大きいため資金効率が良い

・暴落を利益に変えられる

もちろんリスクは伴います。投資は自己判断で!

 

 

それでは今回は以上ですにゃ(*`д´*)
最後まで怒りモード💢笑

 

  • この記事を書いた人

ニャーさん

兼業投資家。 FX歴約10年。 仮想通貨1年生。 ビギナーズラックが無いまま半年で100万溶かしました。 その後は右往左往しながらも何とか生き延びてます。 妻と娘のために日々奮闘中。

-仮想通貨, 時事ネタ
-, ,

Copyright© にゃるほどFX , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.