FX攻略

誰も教えてくれないブレイクアウトの真相に迫ってみた

更新日:

 

ども!
ニャーさん(*^^*)(@zenbariman)だお。

 

今回のテーマはブレイクアウト

 

順張りトレーダーでも逆張りトレーダーでも、ブレイクアウトが本物かどうかを見極めるのは非常に重要ですよね。

しかしながらブレイクアウトはダマシも伴うこともあり、扱いが中々に厄介なものです。

そこで今回は波形の流れからブレイクアウトを見極める方法をご紹介します。

 

※ブログランキング参加中
応援のポチよろしくお願いします(*^^*)


FX・サラリーマン投資家ランキング

 

この記事の要点まとめ

・ブレイクアウトの基本はロスカット祭り
→そこに損切りのオーダーが存在するかどうか

・ラインの反発力を見る

・教科書的な買いサイン・売りサインを崩すポイントに注目せよ

・ブレイクを期待するな
→チャートが形成する事実だけを追う

 

なぜブレイクすると値が走るのか?!

 

いつも僕のブログを見てくれている読者さんなら、もうお分かりですよね?

 

そうです。
答えは簡単♪

 

ラインの上や下にストップロスがあるからです。

至ってシンプルですが、まずは基本的な考え方を復習しましょう。

【保存版】FXにおけるオーダー取引をマスターしよう

 

オーダー情報を上手く使うことで、損切りポイントが明確に分かりますよ(^^)

 

 

ブレイクに至る波形が大事

 

次に見てあげるのがブレイクに至る波形の流れです。

ブレイクアウトに限らず波形のリズムや流れを把握するのは相場を知る上で非常に重要です。

 

レンジ下限ブレイクアウトを例に説明します。

 

その前に大前提ですが、意識されるレンジ下限ラインの引き方も重要です。

引き方でブレイクしたかどうか判断に迷うことが無いように、しっかり自分の基準でラインを引く練習をしましょう。

 

ラインがしっかり引けたら今度はそのラインに対するリトレースの回数をチェックします。

 

以前にもお伝えしましたが、薄氷を叩き割るイメージを持つと良いでしょう。
当然ブレイクトライの回数が増えるほどブレイクの可能性は高くなっていきます。

 

①ファーストタッチ

レンジ上限付近からの売り方がどこで利確を考えるか??

そうです。
レンジの下限です。

ですのでファーストタッチについては安値更新よりも、一旦は利確による買い戻しの反発が起こりやすいです。

下落の勢いが強い場合は瞬間的に安値ブレイクしますが、ストップロスを巻き込むことは少なくヒゲ戻しのノイズになる事が多々あります。

 

②セカンドタッチ

ここでの攻防は様々です。

2点で底堅めをしてダブルボトムを形成することもありますし、そのまま安値を更新することも考えられます。

この段階では、まだストップロスが多く溜まってないことも考えられるので個人的には様子見が無難かなと思ってます。

 

③サードタッチ

3回目以降はブレイクの可能性もグッと高まります。

セカンドタッチ以降の反発の具合や、以降の波形の流れを注視しましょう。

例えばラインに対してディセンデングトライアングルを形成するなら次のラインブレイクはいよいよ本物となるでしょう。

買い方が多く溜まっており、いよいよストップロスを巻き込むブレイクとなればブレイクアウトに乗っかるのもアリです。

 

 

ライン反発力を観察する

 

ある重要なラインに対してファーストタッチがあったと仮定して、その後の反発を注意深く観察することはとても大切です。

ファーストタッチに至る下落が非常に強い場合に多いパターンですが、ラインで一旦下げ止まるものの反発が弱すぎてライン際でヨコヨコレンジになるケースがあります。

このようなケースではヨコヨコレンジからMAが下りてくるタイミングで再下落ブレイクしやすいです。

重要なラインに到達してるのに反発が弱すぎる場合は注意が必要です。

 

 

セオリーを崩すポイントがブレイクの鍵となる

 

セカンドタッチ以降の波形の流れで、ダブルボトムを形成したケースを想像してください。

教科書的に言えばもちろん買いのサインとなりますのでココで買うのも1つの手です。

しかし分かりやすいサインが出るということは、言い換えるとストップが狙われてやすいと考えることも出来るんです。

なのでダブルボトムを形成するもその後の反発が続かず結局垂れてくるパターンは結構狙い目のパターンです。

もちろんトリプルボトムを形成した後にそれを崩すバターンもあり、その場合はブレイク期待度はより一層高まります。

 

 

 

そもそもブレイクを期待しないほうが良い

 

これまでの話何やったん??爆

と思われるかもしれませんが重要な考え方なので。

 

相場はもともとレンジの割合の方が圧倒的に高いです。

まずブレイクせずに反発すると思ったほうが上手くいきます。

重要なラインでは売り買いの攻防が当然起こるのでブレイクしそうになるけど戻してみたりという展開は度々あります。

 

行くの?
行かないの?

どっちなの??

もどかしいですよね。
分かります。笑

でもココで焦ってエントリーしてはいけません。

それまでの波形の流れをしっかり認識し、ブレイクしたという事実のもとエントリーするように心がけましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はブレイクアウトについて簡単にまとめてみました。

ブレイクに至る経緯が1番重要ですので、焦らずじっくりとチャートを観察しましょう。

 

ニャーさん
焦って飛び乗らないこと
これ重要

 

それでは今回は以上ですニャ( ^ω^ )

  • この記事を書いた人

ニャーさん

兼業投資家。 FX歴約10年。 仮想通貨1年生。 ビギナーズラックが無いまま半年で100万溶かしました。 その後は右往左往しながらも何とか生き延びてます。 妻と娘のために日々奮闘中。

-FX攻略
-,

Copyright© にゃるほどFX , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.