兼業でも稼げる脱・初心者ブログ

にゃるほどFX

FX攻略 環境認識

【有料級】チャート攻略に有効なボリンジャーバンドの使い方を一挙公開します

投稿日:

 

皆さんどうも。

ジョン・ボリンニャー( ˙-˙ )(@zenbariman)です。

 

 

・・・シーン

 

え?
誰がスベったって??
断固スベってないですよ。はい。

 

という訳で今回はボリンジャーバンド特集です。
掴みはイマイチでしたが、内容は濃いですよ。爆

 

この記事の要点まとめ

・ボリンジャーバンドは環境認識でこそ光るツールである

・状態把握で相場の波を乗りこなそう

・攻めるべき形状と待つべき形状を知ろう

 

 

ニャロメ君
ボリンジャーバンド特集
キタ━(゚∀゚)━!

 

 

ボリンジャーバンドとは?

 

ボリンジャーバンドは1980年代にジョン・ボリンジャーによって発案されたテクニカル指標であり、標準偏差の考え方を移動平均線に用いたものです。

移動平均線=ミドルラインを中心として以下のようなバンドを形成します。

 

ーーー +2σ ーーー
------ +1σ ------
〜ミドルライン〜
------ -1σ ------
ーーー -2σ ーーー

 

標準偏差の考え方によると

 

◆±1σ内に価格が収まる可能性は68.3%

◆±2σ内に価格が収まる可能性は95.5%

◆±3σ内に価格が収まる可能性は99.7%

 

となります。

 

標準偏差って何やねん??( ˙-˙ )

という方は調べてもらえれば良いですが、ソレを知ったところで特に勝てるわけではありませんので割愛させて頂きます。

 

ニャーさん
重要なのはソコじゃない

 

 

逆張りに使える指標?という誤った認識

 

上記の考え方から、逆張りに有効なテクニカルツールと思われがちなボリンジャーバンド。

しかしながら、そのような考え方は一部誤ってます。

 

相場環境に応じた戦略を取ることでボリンジャーバンドが100%生きてきます。

要するに環境認識が全てです。

・・・と言ってしまえばそれまでなんですが、実はボリンジャーバンドは環境認識にピッタリなテクニカルツールだったんです。

 

 

環境認識でこそ光るボリンジャーバンド

 

もちろんエントリーとエグジットで使われてる方もいてますが、僕のオススメは環境認識に使うやり方です。

ボリンジャーバンドを使って相場の「状態」を知ることが出来るんです。

 

インジケータ全般に言えることですが、ボリンジャーバンドにしろ移動平均線にしろ、直接エントリー手法として使うより状態把握として使う方が優秀です。

エントリー自体は水平線やローソク足で、その補助的な要素としてインジケータを使うのが望ましいですね。

それではいよいよバンドの形状をパターン別に解説していきます。

 

 

攻めるべき形状と待つべき形状

 

形状を知る前に、まずはボリンジャーバンドの状態
を知っておきましょう。

大きく分けると

スクイーズ(収束)

エクスパンション(拡散)

に分類されます。

 

それぞれについて更に細かく分類して見ていきましょう。

 

スクイーズ(収束)

 

●狭いレンジ帯

 

 

難易度★★★★☆

 

パワーを溜めている状態。
ここからどちらかにブレイクした方向に付いていくのがセオリーではあるが、ブレイク騙しには要注意。

この形状においては±2σ逆張りは危険なので控えた方が無難。

 

●広いレンジ帯

 

 

難易度★★★★★

 

例えば大きく下落した後、V字反転で戻すケースで見られる形状です。

ボラティリティは大きく稼げそうなイメージですが、方向感は無く非常に厄介な動きになりやすい。

この形状は手出し無用。

 

●トレンド収束たまねぎ型

 

 

難易度★★★☆☆

 

トレンド発生後の収束局面で現れる形状。

±2σが内向きに巻いてくる→調整レンジに突入。
直前のトレンドに乗っかるカタチでの±2σバンド逆張りは有効だが難易度は高め。

 

エクスパンション(拡散)

 

●初動エクスパンション

 

 

難易度★★★☆☆

 

初動エクスパンションに合わせてエントリーするのは意外と難しいです。

狭いレンジからのエクスパンションであれば狙い目ですが、ブレイク騙しは頻繁に起こります。

ブレイク騙しを逆利用すれば、大きい流れに乗れる可能性も。

 

環境認識として長期足が初動エクスパンションを起こしている状態であればチャンス到来と見てOKです。
短期足でタイミングを計る準備をしましょう。

 

 

●トレンドヘチマ型
※チャンス!

 

 

難易度★☆☆☆☆

 

ボリンジャーバンドの形状で最も注目すべき形状です。

トレンド確定後の第2波、第3波を狙います。

例えば上昇トレンドにおいて、
第1波の上昇が非常に強いものであれば、しばらくは+1σと+2σの間をバンドウォークしながら推移しやすいです。

短期足に落とせば、このバンドウォークも狙えるので見逃し厳禁です。

 

バンドウォークが終われば調整に入ります。

それまでの波形がどの時間足のミドルラインで機能するかをチェックし、リトレースを待ちます。

ミドルライン反発を確認した後、第2波に乗って付いていきます。

 

 

第2波の美味しい上昇の後には最終調整局面が来ます。

ここではやや深めの押し目を形成しやすいですが、トレンドヘチマ型では-2σ逆張りが有効ですので、ここでの反発は拾ってもOKです。

ただし!

インジケータは時間経過により形状が変化しますのでトレンドヘチマ型を崩してくるならば、時間経過による微益撤退等も考慮した方が良いケースもあります。

 

ココがポイント

基本的にはスクイーズよりエクスパンションにチャンス有り。
トレンド形成とバンド形状で相場環境を把握しましょう!
特にトレンドヘチマ型はチャンス盛りだくさんです。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか??

ボリンジャーバンドを普段使わない方には馴染みのない内容だったかもしれませんが、移動平均線にも応用は効きます。

インジケータはあくまでエントリーの補助的要素としてのイメージが強いですが、環境認識には非常に使えるツールなので、気になった方は是非取り入れてみてください。

 

これでワイも勝ち組投資家やぁ〜
ニャロメ君
ニャーさん
・・・(まあ頑張りたまえ)

 

更に詳しく知りたい方はコチラもオススメ。

 

※ボリンジャーバンド入門

 

入門と言いつつ、内容はどう考えても入門ではありません。爆

値段も高めです。ただ、ボリンジャーバンドの見方を知るには非常に参考になるのは確かです。

 

それでは今回は以上ですにゃ^_^

  • この記事を書いた人

ニャーさん

兼業投資家。 FX歴約10年。 仮想通貨1年生。 ビギナーズラックが無いまま半年で100万溶かしました。 その後は右往左往しながらも何とか生き延びてます。 妻と娘のために日々奮闘中。

-FX攻略, 環境認識
-, ,

Copyright© にゃるほどFX , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.