FX攻略

【シンプルFX】水平線とローソク足だけでトレードしてみたら意外な事実が判明した件

更新日:

 

おはこんばんにちわ^ ^
ニャーさん(`・∀・´)(@zenbariman)だお。

 

今回は水平線とローソク足だけでトレードしてみた結果、色々と気付きがあったのでシェアしたいと思います

 

この記事の要点まとめ

・節目の意識がより強くなった

・結局相場は節目から節目へ動く

・ローソク足の勢いを、より注意深く観察出来た

 

ニャーさん
色々インジケータ入れてたけど、水平線だけでも十分いけるヤン♪

 

 

※ブログランキング参加中

本文を読む前にポチッとよろしくお願いします。
ブログ更新の励みになります^^


FX・サラリーマン投資家ランキング

 

 

インジケータを取っ払ったキッカケ

 

 

なぜ僕が水平線とローソク足だけでトレードしようと思ったのか・・

キッカケはやはりブログでした。

 

このブログでは散々言ってますが、初心者さんほどインジを色々と入れまくり迷走します。

何事にも言えるのですが、まずは1つを検証し続けることをオススメしています。

 

とは言っても、これまで使い込んだインジを捨てるのも勇気がいるだろうということで、僕自身がやってみよう!と思い立った次第であります。笑

 

ニャーさん
とりあえず思い立ったらすぐ行動(キリッ

 

 

なぜ水平線に行き着いたのか?

 

これまで僕はボリンジャーバンドRSIフィボナッチを使ってトレードしてました。

 

特にボリンジャーバンドについては自分なりに、かなり研究をしてきたつもりだったので捨てるのは勿体ない気もしたのですが、今回思い切って非表示にしてみました。

結局のところ、ミドル反発+水平線が重なるポイントや±2σと水平線の重合ポイントを重視してたので、水平線だけでも何とかなるかなと。

 

RSIについても、買われすぎ売られすぎというのはトレンド相場においては無意味だったりするので主にダイバージェンスを見てましたが、これも要らないや!ということでポイっ(>_<)

 

最後にフィボナッチ。
ハマる時はハマるのですが、結局水平線と重なるポイントを敢えて探しにいってたぐらいなので、それなら水平線だけでエエやん!とポイ。

いかに分析してる時に水平線を見てたのか良く分かりました。

 

どの手法を取るにしても結局みんな見てるのは水平線なので、これを極めるのが1番上達は早いだろうと考えました。

 

 

水平線だけを追うことで節目がより明確に

 

水平線だけのシンプルトレードをいざ実践するとなると、やはり水平線の引き方がまず重要になってきます。

初心者さんにとっては引き方が分かりにくい場面もありますが、自分でラインを引きまくって練習するのが1番手っ取り早いです。

ひたすらラインを引きまくりましょう。爆

斜めラインは扱いが少し難しいので、初心者さんは水平線の方から練習しましょう。

 

頼るラインが水平線だけになるので、自ずと引き方には注意深くなりました。

特に節目への意識が強くなった実感はありました。

なぜレートがそこで止まるのか??

過去のチャートを見て思考を巡らすことが重要です。

 

節目を超えたら次の節目、結局この繰り返し

 

節目を意識して捉えることが出来ると、結局相場の値動きは節目をターゲットに行き来しているだけに過ぎないことが分かりました。

 

"トレンドは結局レンジの積み重ねでしかない"

 

というやつですね(`・∀・´)

この発想はすごく大事で今後も大切にしたい考えです。

 

 

水平線の引き方おさらい&チャート分析

 

ここでようやくチャートの登場です。笑

その前に。

水平線を弾く際の基本的なポイントをおさらいしておきましょう。

 

チェック

・直近の最高値、最安値ライン

・最後に高値更新、安値更新した起点となるライン

 

 

他にもありますが、まずはココをしっかり押さえてください。

 

ドル円15分足チャート

 

 

 

とにかく引き方さえ間違わなければ、めちゃくちゃラインが効いてるのがお分かりいただけるかと。

 

 

ユーロドル4時間足

 

 

ここ最近は短期足ではノイジーな動きが多いですが、そういう場面は長期足を見てあげましょう。

相場はフラクタルです。

 

 

ローソク足分析で勢いを把握せよ

 

ここまでの説明でラインと節目は理解出来ましたか??

ココまで来れば後はラインリトレース、つまり水平線に対するローソク足の勢いを見てあげるだけです。

 

上の記事を読んでもらえれば、説明は不要ですね?笑

ローソク足についても、他のインジを取っ払うことで集中して勢いを観察出来るメリットがありました。

 

※基本的なローソク足のパターンはこの1冊で網羅できます。
要チェックです^^

created by Rinker
¥1,512 (2018/12/14 00:17:57時点 Amazon調べ-詳細)

 

まとめ

 

結論としては、

「水平線だけでも十分戦える」

と言えます。

勝てない日が続くと、どうしても打開策としてインジを取り入れてしまうことはあるでしょう。

究極は水平線でもインジでも何でも良いんですよ。

もっと大事なことは1つを《突き詰める》ことです。

余計な不安要素は取っ払って、シンプルに相場と向き合いませんか??

 

ニャーさん
まさにシンプル is ベストですね

 

それでは今回は以上ですにゃ(//∇//)

 

created by Rinker
¥1,512 (2018/12/14 00:17:58時点 Amazon調べ-詳細)

ファンダ分析でお馴染みの西原宏一氏の著書。

「セルザファクト」についての項目だけでも一見の価値ありです。

 

ニャーさんもオススメのFX会社
【GMOクリック証券】

※ただいまキャッシュバックキャンペーン実施中!

GMOクリック証券【FXネオ】口座開設

  • この記事を書いた人

ニャーさん

兼業投資家。 FX歴約10年。 仮想通貨1年生。 ビギナーズラックが無いまま半年で100万溶かしました。 その後は右往左往しながらも何とか生き延びてます。 妻と娘のために日々奮闘中。

-FX攻略
-, ,

Copyright© にゃるほどFX , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.