FX攻略

【勝率アップ】トレード収支を安定させるダマシ回避術こっそり教えます

更新日:

 

どーも。
ニャーさん( ^ω^ )(@zenbariman)だお。

 

今回のテーマは【ダマシ】です。

 

大事な事なので声を大にして言いますよ?
準備はいいですか??

 

【ダマシを制する者は、相場を制する】

 

はい。

という事で、今回は私のトレードの根幹部分を占めてると言っても過言ではない【ダマシ】にスポットを当ててみました。

ダマシを上手く回避することで勝率アップを目指しましょう。

 

 

※ブログランキング参加中

本題へ入る前に
応援のポチよろしくお願いします。


FX・サラリーマン投資家ランキング

 

この記事の要点まとめ

・なぜダマシが発生するのか
→大口の存在を知ろう

・目立ったストップロスに注目せよ

・ダマシ逆利用で勝率アップ

 

 

うぅ…
また刈られてしまった…
僕のポジション監視されてるんジャマイカ?
ニャロメ君

 

ニャーさん
損切りポイントを引っ掛けるだけ引っ掛けて、また戻していく…
少し損切りズラしたら、ちょうどそこまで届いて戻していく…
(相場あるあるを見事に体現してらっしゃる…
まさに人柱!!...いや猫柱か)

 

うわぁぁあん!!
何故なんだぁああ。。泣
ニャロメ君

 

思い当たる人、結構いるんじゃないですか?
かく言う私もそうでした。笑

 

何故こんなことが起こるのでしょう?

 

答えは簡単です。
アナタのポジション本当に監視されてるんです。爆

 

嘘もダマシダマシ言えよ!
という声が聞こえてきそうですが…(ウマイ!)

 

順番に解説していきますね(>人<;)笑

 

 

ダマシは何故起こるのか

 

相場を攻略するにあたり、切っても切り離せないのが大口(機関投資家)の存在です。
彼らはプロとしてトレードをしてるので、当然ながら負ける訳にはいきません。

 

「す、すいません。負けたらイラッとしてフルレバ界王拳で資金半分になりました。てへぺろw」

 

こんな事態になれば即クビです。爆

 

では彼らは、どういう方法で資金を増やしてるのか??
勘のいいアナタならお分かりでしょう。

 

そうです。
我々の損切りを食い物にしてるのです。

 

彼らは潤沢な資金を利用して、プライスを動かすことだって出来るのです。

 

『商いが薄い時は急なストップ刈りに注意しましょう』
こういった文言は聞いたことあるかもしれません。

 

我々は常に狙われてるのです。
まずはココをしっかり認識しておいて下さい。

 

 

狙われやすいポイントとは

 

では彼らが狙うポイントはどこなのか??

先に結論から申し上げますと、それはアナタが置きたいストップロスのポイントです。

アナタが置きたいという事は、ほかの皆もそこに置きたいからです。

 

損切りを置くポイント一例

・最安値(最高値)の10pips下(上)

・00ポイントの10pips前後

 

この辺が普通の投資家なら置きたくなるポイントのはずです。
したがって、大口はここを敢えて狙ってきます。

 

他にも大口のオーダー状況が見れる証券会社があり、ここでもストップロスの位置を把握出来ます。

 

 

これはOANDAが提供する、
8/13現在のユーロドルオーダー状況です。

 

詳しい見方は今回は割愛しますが、オープンオーダーで見た時の青いグラフがストップロスに相当します。

 

青いグラフが長いほど、そのプライスに大量のストップロスが置かれているという事なので、その価格を上回るor下回る場合は価格が走りやすいという解釈になります。

 

合わせて読みたい

【保存版】FXにおけるオーダー取引をマスターしよう

 

ダマシを回避する為に

 

では実際にどうすればダマシを回避できるのか?

結論から言うと

 

"ダマシをあらかじめ想定しておき、ダマシが確定するのを待つ"

 

これです。

 

例えば、僕の得意とするエントリーパターンに
《全戻し協会》という手法があります。

 

※詳細はコチラ
↓↓↓↓↓

高勝率のエントリーサイン”全戻し協会”とは

 

これはイッテコイの形を確認してから、完全に後出しジャンケンでエントリーする手法です。

 

このチャートパターンのローソク足に注目して下さい。
この一連のローソク足を1本で表示させると?

 

まさかのピンバーに!爆

 

そうです。

私のトレード仲間、ポコさんが良くエントリーに使われるローソク足パターンなんです。

 

FX・BOピンバーサインの意味を知って欲しい

 

 

つまり何が言いたいかって言うとですね。

アプローチは違えど、結局見てるポイントってかなり似通ってくるんですよ。

 

Q.どういったポイントで値動きが走りやすいか?

A.我々が損切りするポイント。

 

でしたね!

 

ピンバー取引においても、足確定の次足で瞬間的な損切りが発生しやすいので押し戻された方向に一度は伸びやすい、という事なんです。

理屈は同じです。

 

こういったダマシパターンは随所で現れます。

【ダマシ】を逆利用することで、勝率は飛躍的に向上するはずです。

 

 

まとめ

 

やっぱり僕の損切りは狙われてたんですね、、
ニャロメ君

 

ニャーさん
あまり言いたくは無かったんだが…
そういう事です。

 

ニャーさん
ダマシを回避するポイントは、自分自身はダマシの目撃者になることです
(超重要なこと言ってるよ)
ダマシ確定をしっかり待つことが出来れば、無駄なトレードも減りますね

 

悔しいけど、次回からは狙ってやるぜー!
ニャロメ君

 

今回は本当に重要な考え方ですので、何度も読み返して自分の中に落とし込んで下さいね♪

それでは今回は以上ですにゃ(´・ε・`)

 

 

ニャーさんもオススメのFX会社 【GMOクリック証券】

※ただいまキャッシュバックキャンペーン実施中!

GMOクリック証券【FXネオ】口座開設

  • この記事を書いた人

ニャーさん

兼業投資家。 FX歴約10年。 仮想通貨1年生。 ビギナーズラックが無いまま半年で100万溶かしました。 その後は右往左往しながらも何とか生き延びてます。 妻と娘のために日々奮闘中。

-FX攻略
-, ,

Copyright© にゃるほどFX , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.