兼業でも稼げる脱・初心者ブログ

にゃるほどFX

FX攻略

【初心者必見】長期足と短期足をシンクロさせる1番シンプルな考え方

投稿日:

 

 

 

は〜い!!お疲れ様でつ。
ニャー/(^o^)\(@zenbariman)です。

 

 

今回は初心者さんの疑問にお答えする新コーナー!
(勝手に設立←(`・ω・´)

 

記念すべき第一回目は

 

【長期足と短期足をシンクロさせる一番シンプルな考え方】

 

を、テーマにお届け致します。

 

この記事の要点まとめ

・ダウ理論で目線を固定する

・長期足の環境認識が最も重要

・自分が狙いたい波形を明確に!

 

 

長期足が↑で短期足が↓のときに、いつもエントリーに迷ってしまうんです…
どうすれば良いですか??
ニャロメ君

 

ニャーさん
それは長期足の環境認識が出来てないか、短期足の波形サイクルを待ててないか、という事になりますね。
長期足だけでも短期足だけでも駄目なんです。
今回はそれぞれをシンクロさせる方法を特別に教えちゃうよ
(本当の事を言うと、君の質問攻めが面倒臭いんだ…

 

 

それではどうぞ!!笑

 

 

ダウ理論で目線をハッキリさせよう

 

まずは基本中の基本。

ダウ理論をおさらいしましょう。

 

 

 

相場は上下動しながら動いておりますが、
結局のところ

 

・上昇トレンド
・下降トレンド

・レンジ

 

の3パターンしかありません。

 

まずは長期足が上記のどれに当たるのかチェックしてあげる必要があります。

 

 

1番重要なのはやっぱり長期足の環境認識だった

 

先程のダウ理論においては

長期足上昇トレンド発生中

短期足上昇トレンド転換

でエントリーするのが一番堅いとされています。
確かに無難なエントリーであり理想です。

 

 

ただ【誰もが認識出来るトレンドは逆に危険】
というのが持論なので、トレンドも初期に乗れるかどうかが鍵になってきます。

 

例えば上昇トレンドが形成されていても、日足レベルで強いレジスタンスが一段上にあるならば、買いはそこで止められる可能性があり、タッチした後はトレンド転換が起こるかもしれません。

 

日足レベルでインパクトのあるローソク足が出現すれば、それを見たロンガーによる売り捌きが起こり下落圧力がかかってくる可能性もあります。

 

トレンドの初動や転換をいち早く察知するためには、やはり綿密な環境認識が欠かせません。

 

 

自分が取りたい波形を明確にする

 

【どの波のどの部分】を狙うのか?

 

ここは必ず意識しておかなければいけません。

例えば上記の例で上昇トレンド中、転換のローソク足が出現した場合を想定します。

 

 

 

 

この場合、上昇トレンドが一旦落ち着き調整に入る可能性が高く、その調整の押し目を狙ったショート戦略も構築できてしまうわけです。

 

トレンド発生中でも相場は上下動を繰り返します。
その調整の波をサクッと取るのが自分の狙いであるならば、それは立派な戦略です。

 

長期足↑ですが、短期的な調整波↓を狙ったショートでも全然問題ないのです。

 

ただし大きい流れは↑ですので、切り替えの早さは大切です。
再上昇の値動きを見せれば逃げることも頭に入れつつポジション管理をする必要があります。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか??

長期足と短期足をテーマにお届けしましたが、何よりも重要なのは長期足の環境認識です。

ここを理解出来てないと、パッと見の長期テクニカルだけを信じて短期足で失敗してしまいます。

 

いつも長期足に合わせてエントリーするけど、逆行にあうのは環境認識が出来てなかったからなのか…
ニャロメ君

 

ニャーさん
表面的なテクニカルの裏に隠されたヒントはないか、さらに踏み込んで考えることが重要です。

 

うおおおおお!!
俄然ヤル気が出てきました。
やったるでー!
ニャロメ君

 

是非今後のトレードに取り入れてみてくださいね。

それでは今回は以上ですニャー(`・ω・´)

  • この記事を書いた人

ニャーさん

兼業投資家。 FX歴約10年。 仮想通貨1年生。 ビギナーズラックが無いまま半年で100万溶かしました。 その後は右往左往しながらも何とか生き延びてます。 妻と娘のために日々奮闘中。

-FX攻略
-,

Copyright© にゃるほどFX , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.