仮想通貨

ビットコイン暴騰!その要因と短期展望など

投稿日:

 

おはようございます。
ニャー|ω・`)(@zenbariman)です。

表向きショボーン|ω・`)としてるようですが、実際はBTCの暴騰で(σ´∀`)σ ゲッツ!!しております。爆

たまには美味しいモノ食べたいですね|ω・`)
いやまあ嫁の手料理が1番なのですが…(ここでフォローする意味

トレード仲間のポコさん(@clover_fx)の飯テロが毎回ボディーブローのように刺さります。爆

今回は仮想通貨ネタ投下!
ビットコインの短期展望についての記事となります。

ビットコイン久々の高騰!

7月16日、ビットコインが久々の暴騰を見せてくれました。

BTCチャート日足

 

ブログ執筆中に更に暴騰しております。笑
材料となったネタはこれでしょう。

ビットコインETFについては、これまでにも何回も材料視されてますが、今回はETF最大手の参入という事もあり、いよいよ現実味を帯びてきたという認識から期待買いが先行する形になりました。

 

そもそもETFとは?!

「Exchange Traded Fund」の略で、日本語に訳すと「上場投資信託」となります。
株と投資信託の良いとこ取りのような金融商品で、市場そのものに投資する商品の為、新規参入障壁が低く扱いやすいのが特徴です。

例として日経平均連動型ETFを見てみましょう。
株であれば個別銘柄に投資をするため、四季報などで銘柄ごとに業績をチェックした上で投資対象を決める必要があります。

これに比べて日経平均連動型ETFであれば、日経平均そのものに投資をするため、各銘柄を細かくチェックする必要がなく簡単に取引することが可能です。

投資信託に比べて信託報酬も低く、低額からの投資も可能な為、投資初心者には嬉しい投資商品と言えます。

 

ビットコインETF認可でどうなる?

さて。
ここからが本題ですがビットコインETF認可で市場はどのような影響を受けるのでしょうか。
先に述べたように、ETFとは証券取引所に「上場された投資信託」です。

なので、当然ながらETFが承認されると世界の市場から資金流入が見込めます。
前回の記事でも述べたように、現在の仮想通貨市場は投機家の集合体とも言える状態です。

※参考記事

仮想通貨の今後について語ります

現在は短期筋の売買の割合が多く値動きがなかなか安定しませんが、現物売買の大口資金流入により、価格の安定化が見込めます。
そうなれば新規も参入しやすいベースが出来上がり、より出来高は上がります。
市場の健全化にETF承認は大きな意味を持ちます。

 

BTCの短期展望

ちょうどブログ執筆中に、意味不明の暴騰が起こりました。笑笑

まだ情報しっかりと追えてませんが、ショート勢のストップを巻き込んでの急上昇なのでしょう。
やはり、とんでもないマーケットです。爆

短期的には安値切り上げ高値切り上げの上昇トレンドに転換しました。

この上げのインパクトは大きいですね。
ETFへの期待買いは続きそうです。

具体的には8月10日がXデーと言われてまして、最低でもそこまでは底堅い展開が続くのではないかと思われます。
期待感を背にしたロング戦略も有効かと。

現在はBTCと共にアルトコインも上昇してますが、ビットコインETFが承認されると、資金はBTCに集中しやすくなります。
やはり、主要アルト以外のアルトコイン銘柄は厳しそうですね。

まとめ

前回の仮想通貨記事でも書いた通り、トレンド転換には強いファンダメンタルズが必要だと考えています。
その強いファンダメンタルズの一因になり得るのが、ビットコインETF承認です。

現在はそれを見込んで上がってる状況に過ぎませんので、もちろんETFの認可が下りなかった場合には一時的に暴落が来ると思われます。

そして、気になるのはセリクラらしいセリクラが無く上昇してしまった事です。
やはり、大口が仕込むのに70万程度では高すぎる印象があり、今後は目線をフラットにして値動きを慎重に見守る必要があります。

多少巻き戻しはありましたが、大局はまだ下なので楽観できるほどではない、というのが個人的な感想です。
余計な感情は挟まず、相場の値動きに付いていく事を優先したいと思います。

では今回は以上ですにゃ(・∀・)

  • この記事を書いた人

ニャーさん

兼業投資家。 FX歴約10年。 仮想通貨1年生。 ビギナーズラックが無いまま半年で100万溶かしました。 その後は右往左往しながらも何とか生き延びてます。 妻と娘のために日々奮闘中。

-仮想通貨
-,

Copyright© にゃるほどFX , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.