環境認識

サルでも分かる【環境認識】ファンダメンタルズ編

更新日:

 

ども!ニャー_φ(・_・(@zenbariman)です。

 

【環境認識】の核心に迫る
"サルでも分かる"シリーズ。

今回は第2弾!
ファンダメンタルズ編をお送りします!

→まずは前回の記事をおさらい

サルでも分かる【環境認識】テクニカル編

 

はい。
前回の復習は出来ましたか??
それでは本題参ります。

 

ファンダメンタルズ分析とは

 

そもそもファンダメンタルとは?
調べたら出てきますが、一応載せときますね。

 

1 国際経済を安定させるための基礎的条件。また、一国の経済状態を判断するための基礎的条件。経済成長率・物価上昇率・失業率・国際収支など。

2 売上高、利益、純資産価値など、企業の価値を評価する基礎的な財務データのこと。このデータを用いてファンダメンタルズ分析を行う。

(デジタル大辞泉より)

 

この時点でそっとブラウザ閉じられそうですが、もう少し頑張って付いて来てくださいね。笑

 

要するに国力を知るという事です。
難しく考える必要はありません。

2010年以降のギリシャ危機においてはギリシャ国債が暴落し債務不履行に陥る事態に。
これによりユーロは急落し、マーケットにも非常に大きな爪痕を残しました。

 

1番のポイントは《市場テーマ》

 

ファンダメンタルズってやっぱり難しそう・・・

長期金利が・・
指数が・・

って言われても全くピンと来ませんよね。苦笑
でも全く問題ありません。

 

経済の仕組みや構造を知る事は、さほど重要ではありません。
もちろん知ってるに越した事はありませんが、それとFXで稼ぐ事に因果関係はありません。

 

1番チェックしておきたいのは、
今現在の《市場テーマ》です。

 

マーケットが今、何に注目してるのか。
どういったニュースに過敏に反応するのか。

そこを徹底的に意識してみてください。

 

2018年5月現在で言うと米国債の利回り上昇や、アルゼンチン、トルコなどの新興国通貨安、加えて米朝問題などが市場のテーマと言えます。
直近で言うとユーロの政局不安なんかも出てきてますね。

 

マーケット参加者は常に材料を探してます。
ある材料が出尽くすと、新規材料が出てきます。
日々情報をアップデートしましょう!

 

環境認識にどう活かすべきか

 

次に日々の情報から得た市場テーマからどう環境認識に活かすべきなのか?について考えます。

※トレンドを形成する材料と一過性の材料

【強いトレンドを形成するのは強いファンダメンタルズである】

 

テクニカル派から言わせると、知ったこっちゃない!と言われそうですが、強いトレンド形成にはやはりそれなりの要因があります。

アベノミクスは皆さんの記憶にも新しい所なのではないでしょうか。
いわゆる「黒田砲」は市場参加者の想像の遥か上をいくトレンド転換を成し遂げました。

 

基本的に中央銀行に逆らってはいけません。
特に参加者の思惑とは逆方向へのサプライズが発生した場合は非常に強力なトレンドを形成します。

一方で、一過性となる材料もあり地政学リスクでの下落などはその後反転するケースが多い傾向があります。

最近で言うと北朝鮮のミサイル問題がありましたが、北朝鮮のミサイル発射報道のたびにドル円を拾い上げてた記憶しかありません。爆

 

これも状況によりけりです。
実際に戦争が起こったらおそらくマーケットは急落するでしょう。

流石に戦争は起こらないだろうと思う投資家が多いからです。

市場の思惑と実際のニュースとの乖離はトレンド形成の引き金となり得ます。
是非意識してみてください。

 

苦手意識を克服するには

 

とは言ってもやはりファンダは苦手・・
(ファンタは大好き)

そんなアナタへ送るアドバイスです。

 

「習うより慣れろ」爆

 

いやホントにこれなんですよ。
最初は何言ってるかサッパリ?!でも、自ら情報を追う事で徐々に頭に入ってきます。

知らないワードが出てきたらGoogle先生に聞いてみる。その積み重ねにより理解が深まっていきます。

現在の市場テーマを知りたいのであれば、テレビ東京系のモーニングサテライト(平日5:45〜7:05)がオススメです。

ただしアナリストの相場予想はアテにしないように!笑

 

まとめ

 

いかがでしたか?
ファンダメンタルズは敷居が高いと考えてる方は今でも多いと思います。
でもよーく考えてみてください。

 

皆が敬遠するジャンルだからこそ、市場のテーマを知ってるだけでも他者より優位に立てるかもしれません。

 

ある程度ファンダネタ投下からの値動きのパターンも決まっているので、その日のニュースとチャートの動きを日々追ってみてください。

これまで見えなかった景色が見えだすとファンダメンタルズ分析も楽しくなりますよ♪

では今回は以上になりますニャ(^_^)
参考にして頂ければ幸いです。

  • この記事を書いた人

ニャーさん

兼業投資家。 FX歴約10年。 仮想通貨1年生。 ビギナーズラックが無いまま半年で100万溶かしました。 その後は右往左往しながらも何とか生き延びてます。 妻と娘のために日々奮闘中。

-環境認識
-, ,

Copyright© にゃるほどFX , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.