環境認識

サルでも分かる【環境認識】テクニカル編

更新日:

 

こにゃちわ!

ニャー(`・∀・´)(@zenbariman)です。

今回のテーマはズバリ!!

 

【環境認識】です。

 

手法なんて何でも良い。
大事なのは環境認識です

 

とは良く言われますよね。
いや確かにその通りなんです。

 

でも【環境認識】って具体的にどうすれば良いの??
何を見るべきなの??

自分の【環境認識】コレで合ってるのかな??

 

と思われる方は意外に多いんじゃないでしょうか?
今回はそんなアナタのお悩みを解決します。
題して!!

 

サルでも分かる【環境認識】テクニカル編!!

(いやお前ネコやん‥ってツッコミ入れるポイントですよ。爆)

では一緒に【環境認識】の核心部分に迫っていきましょう。

 

 

注目度が高いチャートとは

 

個人投資家で最も割合が多いのが、おそらくテクニカル派のトレーダーでしょう。
チャート全く見ないでトレードしてる人なんて、ほとんどいないですよね。

 

見てる人が多いという事は、それだけ意識されやすいという事なので重要度も高くなります。

 

この"見てる人が多い"というのが実はミソで、
例えば1分足〜5分足だけチャート表示させて
「これは上行きそうだな…」
「いや、やっぱり下か…」
なんてやってたら相場に翻弄されてしまうのは目に見えてます。

 

テクニカル分析の基本は長期足の環境認識です。

 

トレーダーにはスキャルピングを駆使した短期トレーダーからスイングトレーダーまで様々な人が混在してます。

だからこそ、誰もが注目する長期足を常に意識しなければいけません。
特に注目したいのは、やはり「日足」です。

どのトレードスタイルでトレードするにしても、まず日足をチェックする所から始めましょう。

 

 

日足で見るべきポイント

 

では実際に日足からチャート分析した時に、どういったポイントに注目すべきか?

 

パッと見て下落トレンドだな…
うんうん、売りで仕掛けていこう…
あれ?!
ドンドン逆行するんですけど…

更に売り増しや!!

あれ?!
全然下がらないんですけど…

 

はい。相場あるあるですね。笑
確かにトレンド把握は最も重要です。

 

ですが、誰もが見て下落と分かる相場に旨みは残ってません。
なので、トレンド把握については如何に初動を察知出来るかがポイントです。

 

 

トレンド把握

 

→日足チャートを指でなぞってみましょう!

現在チャートが上昇トレンドなのか下落トレンドなのかレンジ相場なのかを把握する事はとても重要です。

 

しかしプロの世界で勝とうと思うなら、もう少し細かい部分まで見てあげる必要があります。
ここで日足チャートを実際に指でなぞって見てください。
(相場の流れが一目で分かる《zigzag》というインジケーターもあります)

 

 

どうですか?
チャートの声が聞こえてきましたか??

見てあげるポイントの例をいくつか紹介します。

 

・狭いレンジを上抜け/下抜けした第1波目なのか

・第3波の上昇or下落で、ある程度相場が伸びきった後の調整局面なのか

・押し、戻りの勢いはどの程度か

・高値、安値の更新具合はどうなのか

 

挙げるとキリが無いですが、ザックリと纏めるとこんな感じです。

 

ローソク足

 

→1本のローソク足に潜む情報を読み取る

日足のローソク足は1日1本です。
ですが、この1本のローソク足には非常に多くの情報が詰まっています。

 

・実体の大きさ

・ヒゲの付け方

・前日の高値安値と当日の高値安値、終値

・反転のローソク足

 

1本だからと軽視しないで、そこに隠された情報にどれだけ気が付けるか。
それが優位性に繋がります。

 

 

 

 

4時間足での環境認識

 

日足の環境認識だけでもかなりの情報を得る事が出来ますが、より細部の流れを把握する為に4時間足もチェックしましょう!
中には8時間足や6時間足を見てる方もいらっしゃるかと思いますが、私の個人的な意見を言えば見る必要ナシという事になります。

 

前述の通り、どれだけ多くの参加者が注目してるのかという所に重きを置いてますので8時間足や6時間足よりも4時間足を重視します。
基本的には日足からチェックして、その後4時間足を見るようにします。

 

長期足→短期足の流れで見ていく方が相場の流れが分かりやすいです。

 

例えば、日足で前日安値を更新した後、急反発して下ヒゲ陽線で終値をつけたとします。
上図のようなチャートをイメージしてみてください。
これは日足なので1日の動きの中で上下に動いてるはずですよね。

 

その流れを4時間足で見てあげます。
まずは日足同様チャートを指でなぞってみましょう!!

ここでも見るべきポイントは沢山あります。

 

例えば...

・直近の高値安値のターゲットとなるポイントを一旦付けているのか、まだ伸びしろがあるのか

・00ラインなど強固なラインに何回止められてるか、次は何回目のブレイクトライになるのか

・波形のリズムは緩やかなのか、それとも急反発のV字反転だったのか

などなど。

 

特に波形のリズムについては、直近の波形リズムがそのまま直近の未来チャートのヒントになる事が多いので、是非指でなぞりながら意識してみて下さい。
未来のチャートはそれまでの波形の過程から生まれると言っても過言ではありません。

 

まとめ

・重要なのは長期足での環境認識

・1本のローソク足の意味を知る

・波形のリズムを意識する

 

いかがでしたか?

これまでパッと見で環境認識されてた方も多いかと思いますが、もう少し踏み込んで皆が見過ごすようなポイントに気が付けるか。

ソコが非常に重要になってきます。
「神は細部に宿る」とは正にこの事です。

参考にして頂ければ幸いです。

今回は以上になりますニャ^_^

 

 

ニャーさんもオススメのFX会社
【GMOクリック証券】

※ただいまキャッシュバックキャンペーン実施中!

GMOクリック証券【FXネオ】口座開設

  • この記事を書いた人

ニャーさん

兼業投資家。 FX歴約10年。 仮想通貨1年生。 ビギナーズラックが無いまま半年で100万溶かしました。 その後は右往左往しながらも何とか生き延びてます。 妻と娘のために日々奮闘中。

-環境認識
-, ,

Copyright© にゃるほどFX , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.